使用上のご注意と焼き方のコツ

使用上のご注意と焼き方のコツ

使用上のご注意

  • 必ず焼台の下にレンガを2枚引いてその上にのせてください。

    焼台の掃除で水を使うと底面に水が溜まり、そこからステンレスが腐食していきます。 レンガで置台と焼台の間に空洞を作ってください。

  • 変形したロストル(炭載せ台)を無理に押し込まないでください。

    ロストルは消耗品です。使用状況により変形したり割れてきたりします。 無理矢理カナズチ等で叩いて押し込むと本体が変形してしまう恐れがあります。すぐに新品に交換してください。 また、営業前に炭を敷き詰める時にもカナズチ等で炭を叩いていれないでください。

  • オガ炭一段で焼いてください。

    二段三段と積まないでください。一段で十分な火力が出ます。 そもそもこの焼台を使うメリットが無くなります。

上記を必ず守ってください。現物調査にて守られていないと判断した場合、1年保証はできませんのでご了承ください。

お問い合わせ

炭熾し、焼き方のコツ、火消し

営業前

17時からの営業と仮定すると16時過ぎぐらいにはオガ炭を火熾し器に入れてガスコンロ(鋳物)で火をつけて下さい。 オガ炭は火付きが悪いので火が付くまで45分〜50分ぐらいかかります。このときのオガ炭の量ですが、慣れるまでは火を付ける前に焼台に並べてから火熾し器に移すとわかりやすいです。

30分ぐらい経つとガスコンロの火を消しても勝手に燃えていきますのでガス代を節約したい方はガスコンロの火を消しても大丈夫です。
火が付いたら送風機のスイッチをオンにして、送風レバーを全開にしてから焼台に炭を移していきます。 この時、良く燃えている炭を上の列と下の列に配置すると、焼台全体の火力が上がるのが早いです。

また、長い炭はカナズチで短く割っておくと後々炭の移動がしやすくなるので便利です。炭を全部移したらすぐに焼アミもセットしてください。 アミも熱しておく必要があります。そのまま10分ぐらい経つと炭と炭の隙間から炎が上がってきます。それが全体に火が付いたサインです。送風機のスイッチを切ってお客様のご来店を待ってください。
お客様のご来店が無い場合は、1時間に1回、スイッチを付けてその時に一番よく燃えている炭を焼台の四隅(できれば上下段全て)に配置してください。この繰り返しです。 また、炭が燃えて痩せてきている所には前日の消し炭を入れて、空気の通りを無くせば炭が無駄に燃えるのを防ぐ事ができます。

営業中

お客様のご来店と同時に送風機のスイッチをオンにしてください。ある程度火が強くなってきたら左面(手前)のレバーを閉じます。 強火で焼く物は右面、弱火で焼く物は左面で焼いていきます。右面が炎が頻繁に立つようでしたら火力が強すぎるという合図なので少しレバーを閉めてください。 左面がほとんど焼けていないようなら少しレバーを開けてください。

右面は全開、半開。左面は閉じる、少し開ける。この繰り返しです。火力が弱ってきたら@とCの列を良く燃えている炭に入れ替えてください。 特にAの位置に最も強く燃えている炭を入れてください。また、新しい炭を補充する場合は出来るだけABの列に入れるようにしてください。 火が付きやすいです。ピークが過ぎて閉店が近づいてくるにつれて炭の補充を控えていきます。

最終的には左面(弱火)にそこそこ大きな炭が残っているはずですので、今度は左右逆にして左面のレバーを全開(強火)にすれは、閉店間際の来店にも対応できると思います。

また、付属品の仕切り板を利用すれば焼台自体のサイズを小さくすることができます。 ピーク時を過ぎた時や、小さい店舗様は活用してください。さらに炭のコスト削減に有効です。

営業終了後

残った炭を消し壺に入れてフタをすれば無酸素状態になるので炭は勝手に消えます。お水に入れて消火するお店もありますが消し壺の方が簡単です。 消し壺はフタ付きの深めの鍋や寸胴等でも代用できます。焼台本体を金タワシなどでコゲ等を落としましょう。
焼アミはアルミホイルをかぶせて掃除する方法がありますが、あまりお勧めしません。溶接が取れてきます。 焼アミは2セット(計4枚)用意して付け置きして次の日に洗うのが一番いいと思います。

送風機について

送風機は消耗品です。
だいたい1年半〜2年の間に突然風力が落ちます。しかし慌てないでください。最初に炭を燃やす風力が足りないだけで、 一旦炭に火が付けば火力調節をするぐらいの風力は残っています。
ですのでその時は最初はウチワで扇いで炭を燃やしていってください。火が付いてしまえばいつもと同じように使えます。

それでその日は乗り切ってください。いずれにせよ『その日は突然やってくる』ので予備の送風機を一台常備しておいた方が良いと思います。

お問い合わせ

ページ先頭へ